院内案内


診療科


内科


循環器疾患以外の一般内科をみています。主に消化器疾患や糖尿病などですが、例えば風邪や急性胃腸炎などから胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎、肝硬変、膵炎、肺炎、脱水症などの各種疾患をみています。 また検査として胃カメラ、CF、 CT、エコー、DIP、注腸造影、PTCD、ERCPなどもおこなっています。


運動療法にも力を入れていきたいと考えています。

戻る

循環器内科


心・血管疾患は癌に次いで日本人の死亡原因の第二位であり食生活の欧米化、高齢化とともに増加しています。
当科は心・血管疾患をお持ちの患者様に、安全で質の高い医療を提供致します。
外来診療では心エコー、運動負荷心電図、心臓CTなどの活用により的確な病状把握に努めています。
当科は、心・血管疾患への治療を通じて地域医療に貢献致します。


戻る

整形外科


関節疾患を中心とし、腰痛や頚部痛などの脊椎疾患や骨折などの外傷にも積極的に対応しております。
何が原因であるのか診断・説明を行い、様々な治療方法を提示することによって、患者様と一緒に患者様自身が納得できる治療方法を選択していく事を考え、日々診療にあたっております。

戻る

脳神経外科


関西電力病院の協力を仰ぎ、地域医療機関の先生方との連携をはかり、微力ではございますが地域の患者様・医療関係者様のお力になれればと考えております。
(日本脳神経外科学会専門医、日本脳血管内治療学会専門医、日本脳卒中学会専門医)

戻る

外科


作成中です
戻る

施設の案内


受付・待ち合い


戻る

薬剤科


作成中です
戻る

リハビリテーション科


こぢんまりとした治療室ですが、外来入院の患者さん、スタッフ共々和気あいあいと治療をしています。
各科受診の上お越しください。


心臓リハビリテーション


心臓リハビリテーションという『Healthy Heart Program(ヘルシー ハート プログラム)』をご存知ですか?心身ともに健康で快適な、質の良い生活を取り戻し、元気で長生きする為の治療法です。それには自身でできる予防治療が多く含まれています。運動療法や食事療法、禁煙、疾患の理解や知識の習得、日常生活の注意点や精神的ケアなどを学んで頂けます。


心臓リハビリテーション対象疾患

・急性心筋梗塞
・狭心症
・心臓手術後
・大動脈解離
・解離性大動脈瘤
・大血管手術後
・慢性心不全
・末梢動脈閉塞性疾患


心臓リハビリテーション効果

・運動能力が増加し、楽に動けるようになる
・狭心症や心不全の症状が軽くなる
・不安やうつ状態が改善し、快適な社会生活が過ごせる
・動脈硬化のもとになる危険因子(脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満)の改善
・血管が自分で広がる能力や自律神経の働きが良くなるとともに、血栓ができにくくなる
・心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少する


一般リハビリテーション


治療設備

マイクロウェーブ、腰椎牽引、頚椎牽引、ホットパック、バイブラバス、ハドマー


対象疾患

膝の痛み(変形性膝関節症、膝内障、半月版損傷、靭帯損傷)
腰の痛み(変形性腰椎症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、筋々膜性腰痛、腰椎 捻挫)
首から肩腕の痛み(変形性頚椎症、椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、頸肩  腕症)
骨折の後療法
脳外科疾患(脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞)


治療内容

消炎鎮痛治療
牽引療法(腰椎、頚椎)
運動療法(膝部運動指導、腰痛体操指導、頚腕体操指導)(SLRex、滑車運動)
歩行訓練(入院の患者さん対象)
日常生活動作訓練

戻る

検査科


放射線科はX線を利用した検査全般を行う部署です。


検査は大きく分けてX線単純撮影、X線CT検査(64列マルチスライス)、 透視下検査(消化器系造影検査、整形外科の整復 等)、血管造影検査(心臓カテーテル検査等)、骨塩定量検査(DEXA法)を常勤3名(内、女性 技師1名)の診療放射線技師によって、24時間体制で夜間緊急検査にも対応しています。向上心を持って画像の最適化、医療放射線被曝の低減を心がけています。


放射線科は大きな機械ばかりで冷たい印象がありますが、スタッフ一同、信頼される医療を提供できるよう心がけ、患者様に常に笑顔で敬意を持って接 し、不安を与えずに検査を受けていただけるように努力しておりますので、気軽にお声をかけて下さい。

戻る

検査科


検査科は男性2人、女性2人の計4人体制です。 365日いつでも迅速な対応ができるよう、24時間常時、必ず1人は検査室に待機しています。
検査科では主に患者様から採取した血液や尿等の検査物をあつかう検体検査と、患者様に接して行う心電図や超音波検査等の生体生理学検査の2つの業務を行います。
24時間いつでもできる検査として、心電図及び血液検査のスクリーニング項目を随時行っていますので、体の調子の悪い方、不安のある方はいつでも御来院くださいませ。

戻る

栄養科


当院では栄養士による安全で新鮮な食材を使用して調理しています。


患者さんへの理解を深めて治療食の充実を図る


当院では見た目の美しさ、盛付、彩りに気を配り、おいしい食事、心が満たされる食事と創意工夫をしています。年間数回の行事食、お花見弁当等を提供しています。


治療食メニュー

ご入院中のお食事をお楽しみいただけるよう、入院時にお一人お一人様に嗜好等をお聞きし、納得のいく治療食をご提供しています。


えん下困難食

高齢者や疾病による嚥下困難の方が増えています。特殊食品の利用や調理方法に工夫を凝らした「食」の充実を大切にしています。


患者さんとのコミュニケーションを密に効果的な栄養指導を


当院では特別食の入院患者さん全員を対象に、入院時、退院時に病棟を訪問し、個人指導を行っています。


外来患者様への個人栄養指導

外来の患者さん対象には、随時個人栄養指導を受け付けており、待ち時間や診察後の余り時間を利用して積極的に栄養相談を進めています。外来では、病気であるという認識が薄い患者さんが多く、効果的に治療を進めていくために意識を改善し、よくなる方法を自分から見つけてもらい、自主的に治療に取り組んでもらえるよう、また困ったときなどは手助けができるようにと考えています。

戻る

中央手術材料室


中央手術材料室での業務は、大きく手術室と材料室の2つに分かれます。
手術室では、緊急を含めた手術の介助を行います。毎日予定表に沿って、各科の手術が行われています。
手術室ナースは、手術を受けられる患者様が少しでも緊張や不安を取り除け、リラックスした状態で手術に臨んでいただけるよう心がけています。
材料室では、手術をはじめ病院内で使われる器械器具の滅菌消毒を行ったり、衛生材料が各部所に不足なく供給できるように管理を行っています。
どちらの業務も院内感染防止の要的業務を担っています。

戻る

病棟


4階病棟

私たち4階病棟は48床あり、脳神経外科・整形外科・外科・内科の混合病棟です。
病棟スタッフは明るく、患者さまが一日でも早く退院できるよう、個々の患者様に応じた看護を提供し、笑顔を絶やさずに患者様が安心して入院生活が送れるように日々努めています。


5階病棟

病床数:循環器内科、内科 47床 (内 CCU 5床)
内科は消化器疾患、循環器内科は心筋梗塞、狭心症、心不全といった心疾患の患者様が多く、緊急カテーテル検査、PTCAなども盛んに行われています。とくにCCUでは急性心筋梗塞、急性心不全、多臓器不全を中心とした重症の患者様を厳重なモニター監視下で集中管理を行い、救命的治療を行っています。また患者様御家族の精神的不安は強く、私たちはコミュニケーションを大事にし、細やかな配慮を行い、精神的サポートができるように心がけています。


6階病棟

作成中です。

戻る
ページトップへ